セントレジスバー - セントレジスホテル大阪

3.8
icon/ic_reviewCreated with Sketch.
評価・口コミ(21)
icon/ic_price_rangeCreated with Sketch.
~5,000 円
icon/ic_cuisineCreated with Sketch.
バーラウンジ

人気のタグ:

アフタヌーン・ティー
アフタヌーン・コーヒー
リラックスできる雰囲気
ホテル12階のロビーから広がる、風格ある胡桃材のドアを抜けた先にある「セントレジス バー」は、大阪で最高に魅力的な環境でお客様をお迎えいたします。
洗練された大人の空間で、バーテンダーによる様々なオリジナルカクテルやシャンパン、ワインなどがお愉しみいただけます。
「希望」「繁栄」「調和」をテーマに、日本が東洋から西洋に貿易の門戸を開いた時代「桃山時代」を表現するデザインを基調としており、深い青緑色のパネルの壁、美しいブルータイガーズアイ色のバーカウンター、長い鏡、深いコーニスをあしらったシルバーの天井や、キャンドルライト、上質なレザーの椅子、グランドピアノから奏でられるJAZZの生演奏が、バーをさらに魅力的にします。
セントレジスホテルのシグネチャーカクテル「ブラッディーマリー」はもちろん、、世界中のチーズセレクションや、セロリと柑橘類フルーツの入ったシシリアンサラダなどのメニューもご用意しております。

ブラッディマリー
セントレジスブランドを代表するシグネチャーカクテル、「ブラッディマリー」。 そのオリジナルは、1934年、セントレジスNY『キングコールバー』のバーテンダーであった フェルナン・プティオが、ウォッカとトマトジュースのカクテルのレシピを完成させ、 「ブラッディマリー」と名付けた事から始まりました。

セント レジス ホテル 大阪オリジナル「ショーグンマリー」
世界中のセントレジスホテルには、各国の文化や代表的な食材をレシピに取り入れた“オリジナルマリー”が存在します。
大阪オリジナルレシピは、ゆずやワサビ、醤油といった、日本独特の香りや味付けを加え、 大阪城を築き天下を統一した豊臣秀吉に献上するという意味を込めて、「ショーグンマリー」と名付けられました。